学びとつながりの場

学びを通して人とつながり豊かな時間を共に過ごす「「学びとつながりの場」が考える新しい形」

セミナー 一覧

未来の環境について考えよう

2021年3月27日(土)14時―15時(予定)

環境に対する考え方は時代とともに変化してきました。
農業が主要な産業だった時代は、わが国は人口も今より少なく、人々は自給自足な生活を営み、それに満足していました。
時代は流れ、敗戦後は人口を増やすこと、国を経済的・物質的に豊かにすることが重視されました。人々の生活は便利になり、生活は豊かになりましたが、同時に人間による環境の破壊・汚染が問題視されるようになりました。
古くは足尾鉱毒事件、高度経済成長時代の4大公害病について学校で習っているかもしれません。当時の公害の多くは場所や原因が限定的でした。
一方、近年「公害」という言葉をニュース等で耳にすることはほぼなくなり、その代わりに環境、あるいは環境問題という表現されることが多くなりました。環境問題は加害者や原因が限定的でなく、かつ影響が及ぶ範囲も1国の特定に地域に限定されず、国境をまたぎグローバル化しています。
このように人々の環境に対する考え方が時代とともに変化することに呼応して、オゾン層の破壊、地球温暖化、PM2.5問題、異常気象などの問題を地球全体で共有・解決しようという機運が高まり、最近ではSDGsやモッタイナイ運動などが私たちの行動の指針となりつつあります。日本も脱炭素化を目指して本格的に動き始めました。
本セミナーでは、環境問題およびそれに対する考え方の変遷を小学生のお子さんにもわかりやすく紹介します。人口が爆発的に増える世界にあって、人口減少、高齢化が進むわが国の将来を担う子供たちが今後豊かな環境で生活を営める一助となればと思います。

【講師】
水越 克彰(みずこし よしてる)先生
㈱hana 取締役
「学びとつながりの場」共同代表
博士(工学)、大阪府立大学・客員教授、大阪大学・招へい教員、京都大学・博士研究員

参加申し込みについてはこちら:https://mana-tsuna-oyako2.peatix.com/view

・対象:小学生のお子様とその保護者様
・開催場所:ZOOMによるオンライン開催

体験からホントの自分を知る

2020年12月21日 (月) 14:00 - 18:00

「自己理解」をテーマに西 素直(にし すなお)さんを講師にお招きして開催しました。
軽妙で親しみやすい語り口で、「クリフトンストレングス(旧称 ストレングスファインダー)」の有効な活用法についてお話しいただきました。
予定時間を大幅に超過しましたが、その分深い自己理解が得られたのではないかと思います。

1月25日(月)にフォローセッションを開催しました。予定時間を大幅に超過し、より自己理解を深めていただけたと感じております。好評につき、西さんにはまた別の機会にもセミナーをお願いしたいと思っております。決まり次第追って詳細ご連絡差し上げます。

西さんからのメッセージ、セミナー詳細はこちら

・対象:経営者、人事担当者、マネージャー、コーチ、カウンセラー、ストレングスファインダーに興味がある人
・開催場所:ZOOMによるオンライン開催

メンタルモデル

2020年11月19日 (木)

「ザ・メンタルモデル」の著者である由佐美香子さんを講師にお招きし、午前は「子育て講座」、午後は「経営者、人事担当者向け講座」の2部構成で開催しました。
多数のご参加ありがとうございました。

・対象:経営者、人事担当者、マネージャー、コーチ、カウンセラー、メンタルモデルに興味がある人
・開催場所:ZOOMによるオンライン開催

微生物との付き合い方 ~正しく恐れて、正しく対処しよう~

2020年9月29日 (火) 20:00 - 21:00

講師に大阪大学の清野智史先生をお招きし開催しました。
清野先生からはいくつかクイズの出題があり、他方、参加者からもチャットで多くのコメントや質問が出ました。
オンラインですが一体感のある活気のあるセミナーとなりました。
セミナーでは、微生物の概論から、ウイルスを含め微生物と人間との関わり、コロナウイルス感染拡大の予防、最新の大学でのご研究の成果や大学ならではの電子顕微鏡など分析機器の紹介がありました。参加してくださった子供達の好奇心を大いに掻立てる内容だったと思います。
わかりやすい内容は保護者の方にも好評でした。
現在日本の大学では大学院・博士課程への進学希望者が減少、学者・研究者を志す若者が少なくなり、科学技術の今後の発展が危ぶまれています。
今回セミナーが将来の研究者を生む契機となれば、主催・運営者としては至上の喜びです。

詳細はこちら

・対象:小学生のお子様とその保護者(保護者のみ、大人の方のみのご参加も歓迎いたします)
・開催場所:ZOOMによるオンライン開催

いのちの本当の姿 科学的視点と仏教的視点

2020年8月24日(月) 20:00-22:00

龍谷大学 農学部 講師の玉井鉄宗さんにご講演いただきました。
玉井さんは植物栄養学を研究する科学者と奈良・光遍寺のご住職という二つの肩書きをお持ちです。
本セミナーでは、私たち一人一人の存在が特別なものであるということについてご自身の経験を交え、お話いただきました。
コロナ禍中、自身のアイデンティティを再確認する契機としていただければ幸いです。

多数のご参加ありがとうございました。
詳細はこちら

・対象:一般の方
・開催場所:ZOOMによるオンライン開催

ティール組織

2020年2月17日 (月) 13:00 - 18:00

講師にはティール組織の第一人者である嘉村賢州さん、吉原史郎さんをお招きしました。
組織が大きくなっていくとどこかのタイミングで、トップダウンからボトムアップに転換を余儀なくされます。
そんな中、スタッフの自発性をどうすれば引き出せるか?という課題に対して、有用なご講演をいただきました。

多数のご参加ありがとうございました。
詳細はこちら

・対象:経営者、人事担当者、マネージャー、ティール組織に興味がある人
・開催場所:ハートンホテル北梅田

予定しているセミナー

セミナーの一覧
「学びを通して人とつながり、豊かな時間を共に過ごす それがより良い未来につながるように」
これが私たちのコンセプトです。
事業の拡大、スタッフの増加に伴い、人材マネジメントの問題に悩まされました。
最初はスタッフに問題があると考え、ありとあらゆるマネジメント手法を学び、試しましたが、うまくいきませんでした。
2、3年の試行錯誤の末、コーチングに出会いましたコーチに関わってもらい、自分自身を振り返ることができるようになりましたまた、コーチングを一緒に学ぶ先輩や仲間から、たくさんのフィードバックやアドバイスをもらうことができました。

その結果、「問題はスタッフにあるのではなく、自分にある」ということに気づくことができました。
それ以降、マネジメント手法や経営学を学ぶことよりも、自分自身を知ること、自分の内面を磨くことにリソースを注ぐようになっていきました。
自分自身の物事の捉え方の癖、不本意なで出来事にぶつかったときの行動パターンなどを理解することができ、「本当の自分とは?」という難問の答えが少し見えてきました。

すなわち、「自分の内面が外の世界を作っている」ことを学びました。
これまでの社会では、外界に適合するために、知識やスキルを高め、他者に認められることが大切にされてきました。

これからは、他者に認められたり、外界に適合するためではなく、本当の自分に帰っていくために自分の内面を磨き、心豊かで幸せな人生を送れることが大切にされる社会に変化していくのではないかと思います。

私に大きな学びを与えてくれた人たちのお話を多くの人に聞いてもらいたい、共に学び、共に内面を磨きたい
さらに、共に学ぶ仲間たち、講師たちとのつながりを作りたい
そして、共に心豊かで幸せな時間を過ごしたい

それがより良い未来につながってほしい


それがこの場を作りたいと思ったきっかけです。

自分の内面を磨き、正しい知識を身につけ、新しい時代を心豊かに過ごす、そのための一助となるお話をしてくださる各分野の第一線でご活躍される方々を講師としてお招きします。
より良い未来につながるために、子供向け、親子向けの講座も開催します。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。

代表  水越 健之

  • 株式会社hana 代表取締役
  • ガーデン動物病院 院長
  • 獣医師
  • 山口大学農学部獣医学科卒業
  • コーチングプラットフォーム認定コーチ
  • メンタル心理カウンセラー(日本能力開発推進協会)
  • 上級心理カウンセラー(日本能力開発推進協会)